FC2ブログ


Dat-40] 2013有馬記念:顕彰馬

■学問とは「一定の理論に基づいて体系化された知識と方法」
人気ブログランキング

■学問の追究によって得られた知識・技術、それが「学術」
FC2ブログランキング

▼HI-BETと他の「違い」
[Dat-Proof-3] 2013年9月29日

▼有馬記念:配信方法「重要な補足あり」
Mail-Magazine




■2013有馬記念:顕彰馬
2013年12月16日、22;00更新。

【Data:Episode】
ラストラン:オルフェーヴル

【Best:Select】
ファイナル:キャブナイン

2013年・有馬記念、ファイナル。
オルフェーヴルにも一応、該当条件があるにはある。
しかし、ココで書く必要は無い・・・・。
オルフェーヴルを外して3連馬券の的中を狙う。
それは、馬券を的中させようとしていないに等しい。
軸であっても相手であっても、馬券に入れなければならん。
難度的には「キャブナイン」
どの辺がキャブナインなのか。
それは「軸馬・相手・馬券種・馬券組」そのもの。
馬券をキャブナインレベルでメイクしなければ。
これをキメる上で問題なのは「ブログのジンクス」


■2013.12.22 『中山10R:有馬記念』
[Dat] オルフェーヴル


■前走・海外GI(0-2-0-5)というのもある。
人気ブログランキング

■その1着数が気になる場合、連対馬券を買えば良いだけの話よ。
FC2ブログランキング

■HI-BET
[Episode:Ex2] Mail-Magazine
[Episode:Ex1] 進化履歴

Copyright(C) Since 2013 HI-BET All rights reserved.
【2013/12/16 22:00】 | Episode:データ | page top↑
Dat-39] 2013朝日杯FS:SEL

■学問とは「一定の理論に基づいて体系化された知識と方法」
人気ブログランキング

■学問の追究によって得られた知識・技術、それが「学術」
FC2ブログランキング

▼HI-BETと他の「違い」
[Dat-Proof-3] 2013年9月29日



■2013朝日杯FS:100%
2013年12月15日、15;00更新。

【Data:Episode】
該当値1(x-x-x-x:100%)
簡易値2(0-0-0-6:0%)

【Best:Select】
セミファイナル:BS1080

2013年・朝日杯FS、セミファイナル。
該当値(x-x-x-x:100%)が軸馬。
該当馬は(0-0-0-6)にも該当しているが、狙う他は無い。
今年はセミファイナルを勝つ事の方が、難易度が高く感じる。
ある意味、セミファイナルこそが好機か。
難度的には「BS1080」
セミファイナルでBS1080レベルの技を(馬券で)メイクしなければ。
これをキメる上で問題なのは「ブログのジンクス」


■2013.12.15 『中山11R:朝日杯FS』
[Dat] 配信対象 (100% x 簡易0%)


■非公開抽選GIで「またも」この枠順とは、恐れ入るわ。
人気ブログランキング

■ファイナルは有馬記念、これまでの記事で布石は既に打ってある。
人気ブログランキング

■HI-BET
[Episode:Ex2] Mail-Magazine
[Episode:Ex1] 進化履歴

Copyright(C) Since 2013 HI-BET All rights reserved.
【2013/12/15 15:00】 | Episode:データ | page top↑
Dat-38] 2013ジャパンカップ:100%

■学問とは「一定の理論に基づいて体系化された知識と方法」
人気ブログランキング

■学問の追究によって得られた知識・技術、それが「学術」
FC2ブログランキング

▼HI-BETと他の「違い」
[Dat-Proof-3] 2013年9月29日



■2013ジャパンカップ:100%
UPDATE:2013.11.14(Thu) 22;00

【Data:Episode】
複合検査A(x-x-x-0:100%)
複合検査B(3-x-x-0:100%)
該当条件C(x-x-x-x:80%)


【Best:Select】
2013JC・該当馬「100%重複」

■前提1
分析をする・馬券を買う・記事を読む。
いずれにしても『焦る必要はどこにも無い』のです。
競馬は『1年中、行われる』

■前提2
HI-BETを閲覧する上での前提

▼データNo.36「前提:参照」
[Dat-36] 2013年11月3日更新記事

■前提3
2012年度『ジャパンカップ:該当馬』

前年度のJC該当馬、そのままブログ内に記載済。
なぜ、そのまま書いたのかは「該当馬を見たら判明する」
配信限定にする必要も、特に無かった。

▼データNo.10「2012ジャパンカップ:100%」
[Dat-10] 東京競馬場:100%

優先判定「100%:4-1-0-0」
複合検査「100%の3重複:3-2-2-0 x 2-2-1-0 x 4-1-3-0」


▼この100%は「深度の深い複合検査による100%」
[Lucky-55] 2013.10.20 『京都11R:菊花賞』


単勝1番人気で~など、少なくとも「そのレベルのものでは無い」

■Point
2013JC・該当馬「100%重複」

高判定が1つでは「深度が浅い場合」不的中の可能性がある点は事実。
くしくもNo.36対象馬は、その実例となった。
だが、どの馬券術を使った場合でも「100%が重複している馬は鉄板」

▼以前にも何度も記載済
[Lucky-23] 2013年4月30日更新記事

▼8番人気「100%重複:4-0-0-0 x 0-3-3-0」
[BBT-18] 2013年2月24日:更新記事

シルポートは「8番人気だが100%重複の鉄板」
⇒ 鉄板という言い方は好きじゃない、何か別の言い方はないのか
⇒ 深度の深い100%であり「それが重複している」為
⇒ 3着内が鉄板なのは事実上「当然」
⇒ 結果として残る事実は「誰にも変える事はできない」
⇒ JRAの職員であろうと誰であろうと

だからこそ「複勝に13万使った」
⇒ 2万は別の馬券を買って外している事実
中山記念のエピソードは、パッと見では分からんが。
他のブログとは、2段階も3段階も4段階も分析深度が違う。
何段階も深度が違う「深い事実を複数書いている」

⇒ あの記事はこの前提を全て知った上でなければ
⇒ 何を書いているのかが、分かりにくい (これは今更)

▼HI-BETと他の「違い」
[Dat-Proof-3] 2013年9月29日


2013年・JC 『100%重複の馬を軸にとる』
ジャパンカップの判定は、スプリンターズSやエリザベス女王杯。
そして今週のマイルCSなどとは違う「格式GIの判定」
もし、格式GIで100%重複が外れたとするならば「前代未聞のレベル」
イチから分析術・馬券術を見直さなければならん事実に直面する。

--------------------
■Interval:久々に分析記事以外の「お知らせ」
--------------------
メールマガジンの読者の人へ。
2013年・JCの配信方法は「2013年11月9日」に配信済。

[件名]
2013年度「JC」配信につきまして

メルマガ読者限定で、バックナンバーより閲覧できます。
普段と配信方法が異なる為、万が一ご購読された場合、必ず上記日程の配信記事を閲覧後、ご連絡を。
11月の勝負レースは例年通り「ジャパンカップ一択」決定済。
(事情により、11月15日~18日の間はお問い合わせに返信できません)
--------------------


■2013.11.24 『東京11R:JC』
[Dat] 配信対象 (100%重複)
[Ins] 有馬記念は「記載システム」を満たした場合、対象馬を記載予定


■2013年・ジャパンカップ「連番対象」
人気ブログランキングへ

■2013年11月4週目「HIの名に恥じん最強の事実」更新予定
FC2ブログランキングへ

■HI-BET
[Episode:Ex2] Mail-Magazine
[Episode:Ex1] 進化履歴

Copyright(C) Since 2013 HI-BET All rights reserved.
【2013/11/14 22:00】 | Episode:データ | page top↑
Dat-37] 2013ファンタジーS:91%

■学問とは「一定の理論に基づいて体系化された知識と方法」
人気ブログランキングへ

■学問の追究によって得られた知識・技術、それが「学術」
FC2ブログランキングへ

▼2013年11月10日『エリザベス女王杯:100%』
[Dat-36] 2013エリザベス女王杯:100%

▼HI-BETと他の「違い」
[Dat-Proof-3] 2013年9月29日



■2013ファンタジーS:91%
2013年11月7日(Thu)、22;00更新。

【Data:Episode】
複合検査(6-4-0-1:91%)

【Best:Select】
1:Fantasy Stakes
2:複合検査「Bタイプ」
3:ファンタジー馬券

■前提
分析をする・馬券を買う・記事を読む。
いずれにしても『焦る必要はどこにも無い』のです。
競馬は『1年中、行われる』

■Point1:Fantasy Stakes
2013年11月9日『KBS京都賞 ファンタジーS』
ファンタジーSは、阪神JFのステップレース。
連対馬(1-2着)は、阪神JFに優先出走可能。
2011年以前までは、阪神JFに関東馬が出走するには。
このファンタジーSを経由するか。
牡馬混合重賞・OPで、メンズに勝負を仕掛けるか。
500万を勝ち上がり、阪神JFの抽選を突破するか。
それらの方法に限られていた。
その為「関東のレディースが、より阪神JFで勝ち負けできる可能性が高まる様に」
前年度より新設された重賞が、前週に行われた『東京11R:アルテミスS』
アルテミスSは2014年(来年)に、恐らく『G3』となる。
2013年のアルテミスSにも関西馬は3頭出走していたが。
結果は関東馬の独占となり、アルテミスSは「役目を果たした」のか。
現在、ファンタジーSは「5回京都3日」に行われているが。
2014年以降は「5回京都1日」に開催時期が変更される。
その為「5回京都3日のファンタジーS」は、今年(2013年)が最後となる。

■Point2:複合検査「Bタイプ」
複合検査条件(6-4-0-1:91%)の該当馬が軸馬。
ファンタジーSの検査は「Bタイプ」の項目を使う。

▼菊花賞の(4-1-0-0)などの検査は「Aタイプ」の項目を使用。
[Dat-35] 2013菊花賞:100%


抽出にBタイプの項目を使うNoを書くのは、2013年8月以来という事実。

[複合検査:6-4-0-1]
1:☆☆かつ☆☆
2:☆☆の☆☆
3:☆☆の☆☆
4:☆☆☆☆「☆☆☆☆」

抽出項目は「4」
コスモネモシンなどに比べると、やはり少し浅いが。

▼抽出項目が4程度でも「他のブログとは分析レベルが違う」
[Lucky-55] 2013.10.20 『京都11R:菊花賞』


この程度の浅さでも「他とは信頼度のレベルが違う」
当然、当週GIでの単勝4.9倍以内(5-6-2-3)など。
この91%や100%は、その程度の信頼度のものでも無い。
確率は同程度でも「深度が違う」
「HI」の名は、ダテでは無い。

■Point3:ファンタジー馬券
複合検査(6-4-0-1)の該当馬、基本的には1着重視で馬券を組む。
だが、ファンタジーSはキャリア不足の2歳重賞。
いつ例外が出てもおかしくは無い、2着も考慮すべきだと判断できる。
⇒ もちろんこれは
⇒ 100円単位や10000円以下でテキトーに買う為の考察では無い
⇒ 「それなりの金額で買う場合、2着も考慮すべきだと判断できる」という話

⇒ テキトーに小額で買うなら「1着固定のみで買えば良い」
⇒ テキトーに◎を打ち、他の印も記事で書き
⇒ 「他のブログの様に」後出し結果論で「的中!」と騒げば済む話でしか無い
⇒ これは、今まで書いてきた全てのデータNoにも言える事よ

⇒ 「HI-BET」の名は、ダテでは無い

▼HI-BETと他の「違い」
[Dat-Proof-3] 2013年9月29日


該当条件(0-3-0-1)の該当馬が「1頭」
複合検査(6-4-0-1)の該当馬が「1着」だと仮定するならば。

【馬単1点】
1着:6-4-0-1
2着:0-3-0-1

「馬単1点」というファンタジー馬券も選択肢に入る。
これは、もう1頭の該当馬が(0-3-0-1)である事を利用する「技術」の馬券。
大きく買うならば(6-4-0-1)を最大限に利用する「的中率を高めた馬券」
つまり「連系であれば馬連流しも賭けに適している」と判断できる。
当然、3連馬券も「それらを利用する事」そのものが「技術」

--------------------
■Interval:京王杯2歳S
--------------------
11月2週目の土曜日は「ファンタジーS:京王杯」の2鞍重賞が行われる。
京王杯は「軸馬1頭・相手2頭」のパターン。
相手には2000年以降「2012年を除き、100%馬券圏内に入る馬」を選択する。
当然、双方とも「人気など関係しない」

【3連馬券フォーメーション】
1:軸
2:相手2頭
3:他

「この点数を少なくしたフォーメーション」で、的中を狙える。
このフォーメーションが「結果論では無い」馬券の事例の1つ。
--------------------

今、この記事を「見てしまった」そこのあなた。
わしのブログは埋もれていて、上位では無いが。
書き方がいつも厳しい口調の記事で、本当に申し訳無いが。
この読者層の様に、このブログが順位が上がったら困る。
だから見るだけ見て無視。
そんな現状がある滑稽なブログでもあるが。
(プログラマーとして、なぜそれが分かるのかもいずれ書く予定よ)
そしてこれまで、その根拠が薄い見解を何年も見続けて。
勝とうとしているのに負けてしまっているあなたにも申し訳無いが。

▼ナンバー36:2013エリザベス女王杯 (100%)
[Dat-36] 2013エリザベス女王杯:100%



『HI-BETの名は、ダテでは無い』


【HI-BET】
1:HIGH「高率の」
2:BET「賭け」
3:タイトルにも「意味がある」



■2013.11.9 『京都11R:ファンタジーS』
[Dat] ★★ (6-4-0-1:91%)
[Ins] ★★については「記載システム」参照


▼ファンタジーSは「ブログ限定」
人気ブログランキングへ

▼メルマガとブログで同じレースを指定しても芸が無い、という見方もある。
FC2ブログランキングへ

■当Noを書いたのは、この程度なら毎週書く事ができるという理由もある。
[Episode:Ex2] Mail-Magazine
[Episode:Ex1] 進化履歴

■それは、応援さえあれば(順位さえ上がれば)の話になってしまうがの・・・・。
Copyright(C) Since 2013 HI-BET All rights reserved.

【2013/11/07 22:00】 | Episode:データ | page top↑
Dat-36] 2013エリザベス女王杯:100%

■学問とは「一定の理論に基づいて体系化された知識と方法」
人気ブログランキングへ

■学問の追究によって得られた知識・技術、それが「学術」
FC2ブログランキングへ

▼HI-BETと他の「違い」
[Dat-Proof-3] 2013年9月29日

■Copyright(C) Since 2013 HI-BET All rights reserved
[Ex9] 禁止事項




■2013エリザベス女王杯:100%
2013年11月3日(Sun)、10;00更新。

【Data:Episode】
複合検査(x-x-x-x:100%)

【Best:Select】
1:該当馬は買い目を見るだけで判明する
2:あえて判定値や想定人気を書く必要も無い
3:「他の複合検査」の該当馬の人気も想定済
4:上記検査100%は「その高判定の内の1つ」に過ぎん
5:結果「2013年・エリザベス女王杯は★★★★★」

▼ナンバー34:2013年「府中牝馬S:5番人気対象」配信済
[Dat-34] 2013府中牝馬S:68%

▼「高判定7番人気」かつ事実を重視し「540.3倍」的中
[Lucky-54] 2013.10.14 『東京11R:府中牝馬S』

▼ナンバー35:2013年「菊花賞:1番人気対象」配信済
[Dat-35] 2013菊花賞:100%

▼事実を重視し「精度を高め・結果論では無い・10月の倍額勝負」的中
[Lucky-55] 2013.10.20 『京都11R:菊花賞』

▼HI-BETと他の「違い」
[Dat-Proof-3] 2013年9月29日


ナンバー36対象「2013年:エリザベス女王杯」
11月の勝負レースは「ジャパンカップ一択」決定済。
2013年11月2週目に関して『GIよりも良いレースがある』のは確かだが。
一応、当週のGI・エリザベス女王杯も狙う事自体はできる。
今年の女王杯、馬券術(状況再現・優先判定)は使わず、複合検査で分析を行う。

▼他とはレベルが違う分析を用いる事が前提「的中No.55:前提5参照」
[Lucky-55] 2013.10.20 『京都11R:菊花賞』


的中No.55記載、大前提~前提10は「全て前提考察の段階」に過ぎん。

▼かつ、この類の「単一の傾向結果データ」も全て考慮済。
[Weekly-1] LAST UPDATE:2013.3.13 ~2013.6.11

▼最終更新対象レース「2013年:宝塚記念・的中」
[BBT-23] 2013.6.23 『第54回 宝塚記念』

▼資金推奨ランク「目安:前提4参照」
[Lucky-54] 2013.10.14 『東京11R:府中牝馬S』

昨今、この類のデータは錯乱しているが。
この類のデータは「結果として残る傾向事実」であり。
精度の低い単一の項目ではあるが、完全無視も得策では無い。
事実を無視した場合「馬券の不的中確率が増大するだけ」よ。
実例 「Episode:82」
だが少なくとも「このデータを当てはめるだけ」のものを「分析とは呼ばない」
それはただ「過去の結果傾向を当てはめただけ」であり『その先からが分析』
そして、その「先の分析」は。

『成果に繋がる直結項目』を。
より『正確に選び』
その正確性を高めた直結項目を『複数抜粋』し。
更にそれを『複合的に検査』しなければ、精度前進は無い。


その結果を買い目で示してこそ『HIGH-EPISODE:HI-BET』

--------------------
【前提】
--------------------
1:知りえる全ての傾向項目は考慮済
2:それを上回る精度の複合検査を使う
3:勝つ為の基本となる前提考察も考慮済
4:かつ「事実を重視する」

*:複合検査は状況再現や優先判定には少し劣る
5:当然「Episode83:馬券の印 印の意味」も前提に過ぎん
6:当然「Episode87:予想の印 ≠ 馬券の買い目」も承知済 (重要)
*:上記前提2「それを上回る」の「それ」の中には
*:陣営がetc...という「インサイダー話も含まれる」実例 (前提3:参照)

*:連番の記事は例え小学生が見ても理解し易い様に
*:ライティングの基本を押さえて書いてはいる
*:馬券が買える歳ならば、まず理解可能
*:分析をする・馬券を買う・記事を読む、いずれにしても
*:焦る必要は無い 『競馬は1年中、行われる』

この前提は、わし自身の前提「筆者自身の前提」では無い。
今、この記事を見ている「そこのあなた」

あなたが『HI-BETを閲覧する上での前提』と成り得る。

以前にも、何度も書いている
この記事は「一番最初に書くべき内容」だったかもしれん。
「知りえる全てを考慮している」かつ。
「その辺のブログの、ただデータを当てはめるだけ」のものとは違う。
それを上回る「成果に繋がる頻度が高くなる」
「実用的な分析・解析を行っている」という事実。

当ブログの記事を読むならば、上記前提を知った上でなければ。
連番で書いてきた数多の事実の意味が。
その事実により馬券の実力自体が上昇するという意味が、分かりにくい。


■2013.11.10 『京都11R:エリザベス女王杯』
[Dat] ★★ (x-x-x-x:100%)
[Ins] ★★については「記載システム」参照


■上記分析は事実「1週間前に考慮しても2週間前に考慮しても同じ」
人気ブログランキングへ (記載システムはJCも同じ)

■結果として残る事実は「誰も変える事はできない」
FC2ブログランキングへ (JCまであと21日・・・・)

■JRAの職員であろうと、誰であろうと。
[Episode:Ex2] Mail-Magazine
[Episode:Ex1] 進化履歴

■該当馬不出走なら当然『元々狙っていたレースを的中させる』
Copyright(C) Since 2013 HI-BET All rights reserved.
【2013/11/03 10:00】 | Episode:データ | page top↑
| ホーム | 次ページ