FC2ブログ


BBT-Interval-3] No.21 ~ No.30

■ブログランキング
FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

■メルマガ
Mail-Magazine



■No.21 ~ No.30
2013年12月26日、23;30更新。

--------------------
■REVIEW
--------------------
[Episode:BBT-INTERVAL-1]
[Episode:BBT-INTERVAL-2]


--------------------
■基準
--------------------
[Episode:BBT-NO-RESULT]

基本対象数:ABCDE (5頭以内)
注意対象数:変動 (0頭-1頭-2頭)
買目対象数:3連馬券

【BBT-21:RESULT】 (G2:産経大阪杯)
対象数:ABCDE (F)
買い目:3連単5点
結果順:A-E-C

【BBT-22:RESULT】 (G3:アンタレスS)
対象数:ABC
買い目:3連単2点
結果順:B-A-E

【BBT-23:RESULT】 (GI:宝塚記念)
対象数:ABCDE (FG)
買い目:3連単7点
結果順:B-X-A

【BBT-24:RESULT】
対象数:ABCDE (FG)
買い目:3連単6点
結果順:A-F-G

【BBT-25:RESULT】
対象数:ABCDE
買い目:3連単5点
結果順:A-D-X

【BBT-26:RESULT】
対象数:ABCDE (F)
買い目:3連単4点
結果順:A-B-X

【BBT-27:RESULT】 (G2:神戸新聞杯)
対象数:ABCDE (F)
買い目:3連単6点
結果順:A-D-X

【BBT-28:RESULT】 (GI:天皇賞・秋)
対象数:ABCDE
買い目:3連単6点
結果順:D-X-A

【BBT-29:RESULT】 (GI:JC)
対象数:ABCDEF
買い目:*⇒A⇒C
結果順:C-X-E

【BBT-30:RESULT】 (GI:有馬記念)
対象数:ABCDEF (F)
買い目:A⇒*⇒C
結果順:A-B-F


--------------------
■記録■
--------------------
[TYPE-A:軸判定A]
的中率90%(6-1-2-1)

[本線ABC:勝率]
勝率90%(9-1)

[本線対象ABCDE:連対確率]
連対率100%(10-0)

[本線対象ABCDE:3着内全頭圏内確率]
全頭圏内率20%(2-8)

[注意対象加点FGH:3着内全頭圏内確率]
全頭圏内率40%(4-6)


--------------------
■問題点■
--------------------
判定A(6-1-2-1:90%)

▼No.1~No.10(3-5-2-0:100%)
[Episode:BBT-INTERVAL-1]

▼No.11~No.20(3-2-4-1:90%)
[Episode:BBT-INTERVAL-2]

判定A(12-8-8-2:93%)
本線勝率(80-60-90:上昇)
本線連対率(100-90-100:維持)
全頭圏内率1(50-50-20:下降)
全頭圏内率2(80-70-40:下降)


--------------------
■停止点■
--------------------
軸馬(12-8-8-2:93%)にも関わらず、全頭圏内率が徐々に下降。
それは、明らかに前ブログ時の数年前、そして以前と比べ。
自分自身の「予想・想定の力が落ちている」事を意味する。
馬券購入者は、自分自身の馬券がどうだったか。
自分自身の選んだ馬、馬券種、馬券組やその勝率などを。
案外「自分自身でも知らない」
じゃから「同じミスを繰り返す」
自分自身の選んだ馬がどうだったか、その詳細を知らないのは。
競馬予想というギャンブルにおいては危険じゃ。
勝ったら勝ちっぱなし、負けたら負けっぱなし。
どちらも危険じゃ、どれほど馬券組が上手い人でも負けはある。
自分自身の選んだ馬がどうだったか、その詳細を知らない。
イコール、自身の勝ちパターン、負けパターンを知らない。
・・・・危険じゃな、それは。
「自分自身の選択馬が長期スパンでどうだったかを知る」事により。
勝率は、上昇する。


■閲覧側も、ショボいと感じる前に「自分自身はどーだったのか」
人気ブログランキング

■自分の事を棚に上げても、得るモンは何も無いさ。
FC2ブログランキング

■わし自身は「更に研鑽を積まなければ」と常に書いてきた通り、それを実践する。
[Episode:Ex2] Mail-Magazine

■2014年も分析力だけは上げていこう・・・・傍観しながら。
[Episode:Ex1] 進化履歴

Copyright(C) Since 2013 HI-BET All rights reserved.
【2013/12/26 23:30】 | Episode:鮮やかな中間回廊 | page top↑
BBT-Interval-2] No.11 ~ No.20

■ブログランキング


■メルマガ
Mail-Magazine



■No.11 ~ No.20
2013年3月29日、23;00更新。

--------------------
■REVIEW
--------------------
[Episode:BBT-INTERVAL-1]


--------------------
■基準
--------------------
[Episode:BBT-NO-RESULT]

基本対象数:ABCDE (5頭以内)
注意対象数:変動 (0頭-1頭-2頭)
買目対象数:3連馬券 (5点以内)

【BBT-11:RESULT】 GI:エリザベス女王杯
対象数:ABCD
買い目:3連単2点
結果順:B-C-X

【BBT-12:RESULT】
対象数:ABCDE
買い目:3連単1点
結果順:B-D-A

【BBT-13:RESULT】 GI:ジャパンカップ
対象数:ABCDE
買い目:3連単4点
結果順:D-A-B

【BBT-14:RESULT】
対象数:ABCD
買い目:3連単2点
結果順:A-C-D

【BBT-15:RESULT】 GI:有馬記念
対象数:ABC
買い目:3連複1点
結果順:X-Y-A

【BBT-16:RESULT】
対象数:ABCDE (F)
買い目:3連複6点
結果順:F-A-D

【BBT-17:RESULT】
対象数:ABC (DE)
買い目:3連単4点
結果順:A-D-E

【BBT-18:RESULT】 G2:中山記念
対象数:ABCD (EFGH)
買い目:3連単2点
結果順:B-F-A

【BBT-19:RESULT】 G2:弥生賞
対象数:ABCDE
買い目:3連単1点
結果順:D-X-A

【BBT-20:RESULT】 G2:阪神大賞典
対象数:ABCDE (F)
買い目:3連単3点
結果順:A-D-C


--------------------
■記録■
--------------------
[TYPE-A:軸判定A]
的中率90%(3-2-4-1)

[本線ABC:勝率]
勝率60%(6-4)

[本線対象ABCDE:連対確率]
連対率90%(9-1)

[本線対象ABCDE:3着内全頭圏内確率]
全頭圏内率50%(5-5)

[注意対象加点FGH:3着内全頭圏内確率]
全頭圏内率70%(7-3)


--------------------
■問題点■
--------------------
判定Aが1頭・・・・No.0~No.20(6-7-6-1:95%)
ヒラバは相変わらず100%、重賞で1頭外している。
本線対象ABCDE連対率80%、本線勝率60%、全頭圏内率50%。
本線連対80%、かつ全頭圏内率が50%。
No.10まではヒラバ中心、No.20までは日曜重賞も入っている。
No.10までの問題だった「3着馬の抜粋・着順想定技術」そのものは上昇。
逆に本線勝率が下降。
ヒラバ中心の場合、ABCの本線勝率80%。
重賞中心の場合、ABCDで本線勝率80%。
ヒラバ中心の場合、全頭圏内率80%。
重賞中心の場合、全頭圏内率70%


--------------------
■改良点■
--------------------
追加問題「重賞の場合におけるA判定・全頭圏内率の10%下降」
A判定(6-7-6-1:95%)、日曜重賞やGIも含め20頭中19頭、改善の余地がある。
「全頭圏内率」も、最低でもヒラバと同精度まで引き上げなければ。
鞍上のミス、馬場が極端にヤバい、反則があった、それとも、元々入着できない状況だったか・・・・3着内を外れるとしたら、考えうる大きな原因として当日の3分前後もキーだ。
対象馬全ての不確定状況すら着順構成に加えなければ、近代競馬の真相は掴めん。
いや「その状況になりうる確率が低いレースを選ぶのも馬券の腕」
そう認識できる人がどれだけいるのかは謎だが、競馬は毎回的中すると見ているほど、俺は現実が見えてない甘チャンでも無い。
BBT対象に限っては、もはや日曜重賞でも「軸がどれか、相手がどれかというレベルでは無い」訳だから・・・・最大の問題点は「技術を引き上げた段階で、そのチャンスレースに挑む事ができるか」だ。軸の精度・本線の勝率精度・連対対象の精度・全頭圏内率の精度、その全ての着順想定。全てが引き上がれば『運が大幅に絡まない、物理的な3連単1点的中が可能』なハズだ。
2012年後半、少し傲った、慢心せず技術を引き上げる。競馬分析に飽きない内に「競馬は同じ事が繰り返されるという格言が生まれた、本当の理由」、その「着順確定の真相」を掴まなければ・・・・。
努力と研鑽あってこそ、結果が出るのが現実であり事実。


▼いつも結果が出る訳じゃない、でも「研鑽なくして結果は出ない」
人気ブログランキング

▼イチローが他の選手より打率が高いのは、人より努力しているからだよな。
FC2ブログランキング

■仕事でもその事実に気付いている人、恐らくそれが俗に言う「デキる人」
[Episode:Ex2] Mail-Magazine
[Episode:Ex1] 進化履歴


Copyright(C) Since 2013 HI-BET All rights reserved.
【2013/03/29 23:00】 | Episode:鮮やかな中間回廊 | page top↑
BBT-Interval-1] No.0 ~ No.10

■ブログランキング


■メルマガ
Mail-Magazine



■No.0 ~ No.10

--------------------
■基準
--------------------
[Episode:BBT-NO-RESULT]

基本対象数:ABCDE (5頭以内)
注意対象数:変動 (0頭-1頭-2頭)
買目対象数:3連馬券 (5点以内)

【BBT-1:RESULT】 GI:宝塚記念
対象数:ABCD
買い目:3連複4点
結果順:B-A-C

【BBT-2:RESULT】
対象数:ABCDE (F)
買い目:3連複5点
結果順:C-A-F

【BBT-3:RESULT】
対象数:ABCDE (FG)
買い目:3連複5点
結果順:G-A-F

【BBT-4:RESULT】
対象数:ABCDE
買い目:3連複5点
結果順:C-E-A

【BBT-5:RESULT】
対象数:ABCDE
買い目:3連単3点
結果順:A-B-X

【BBT-6:RESULT】
対象数:ABCD
買い目:3連複2点
結果順:B-A-X

【BBT-7:RESULT】
対象数:ABCDE
買い目:3連複5点
結果順:E-C-A

【BBT-8:RESULT】
対象数:ABCDE
買い目:3連複3点
結果順:A-B-C

【BBT-9:RESULT】 GI:秋華賞
対象数:ABCDE
買い目:3連単1点
結果順:B-A-E

【BBT-10:RESULT】
対象数:ABCDE (FG)
買い目:3連単1点
結果順:A-B-F


--------------------
■記録■
--------------------
[TYPE-A:軸判定A]
的中率100%(3-5-2-0)

[本線ABC:勝率]
勝率80%(8-2)

[本線対象ABCDE:連対確率]
連対率100%(10-0)

[本線対象ABCDE:3着内全頭圏内確率]
全頭圏内率50%(5-5)

[注意対象加点FGH:3着内全頭圏内確率]
全頭圏内率80%(8-2)


--------------------
■問題点■
--------------------
判定Aの的中率は問題無い・・・レース選択も悪く無い。
本線対象ABCDE連対率100%、本線勝率80%、全頭圏内率50%。
本線連対100%、かつ全頭圏内率が50%・・・・俺の本線が連対しない確率は0%、「3着の固定馬」を本線に組み込んでいない確率が50%。
「3着固定・注意評価」の変動対象0~2頭を加えた場合、3連馬券的中率は80%。イコール「3着の固定馬」を馬券にすら入れていない確率は20%。


--------------------
■改良点■
--------------------
現状問題は「着順・3着の固定馬」の2点・・・・。
馬券対象はどのレースも基本5頭しかいない、中で軸は100%で1頭、相手も常に4頭以下と同精度の買い目を組める。
かつ俺の本線指名馬が勝つ確率は80%なワケだから・・・「3着固定馬の抜粋精度」がやはり足りない。
3連単1点を対象レースに限定した上で達成するには・・・「本線の着順想定技術」と「3着固定馬の抜粋精度」を引き上げなければならんな・・・。


0_鮮やかパンダ(テキトー)・・・


■研鑽が全然足りねぇ・・・・本線の着順固定率を引き上げるには・・・・



■メールマガジン
[Episode:Ex2] Mail-Magazine
[Episode:Ex1] HIGH-EPISODEとは?


Copyright(C) Since 2012 HIGH-EPISODE All rights reserved.
【2012/11/21 20:00】 | Episode:鮮やかな中間回廊 | page top↑
| ホーム |