FC2ブログ


Ex2] Mail-Magazine「Hi-EPISODE」
【受付】
東京優駿の受付は、2020年5月27日(水)に終了しました。




----------
■初めて見る人以外に向けて前提 (ココだけ少し丁寧に)
----------
競馬予想は基本的に「要は当てれば良い」だけな訳ですが、
この前提は、そういう話では無くetc...

まず読者の人が(あなたが)、この「競馬予想というジャンルの情報提供」
それに関して、どう思っているのかは分かりません。
しかし少なくとも、このジャンルでは良く「気楽に・・・・楽に・・・・ユル~く」などと見ますが、有料である場合、発行側・配信側・提供側は「それではダメ」なのだけは明白。
個人であれ企業であれ、それは「商品」
あなたがお金を払う「商品」
それが個人メルマガであっても企業の一般商品であっても同じ、それらは全て「商品」
競馬予想の場合、それが解析や分析・買い目などの「情報」
提供される側であるあなたは、もちろん気楽に買えば良いのですが、発行側・配信側・提供側は「気楽の気の字も無いのが当然である」事は明白。

その証拠に、あなたは。

気楽にやった、テキトーな情報を「お金を払ってまで得たいのですか?」


この問いに答えてもらう必要はありません、答えは決まっています。
競馬予想には確かに的中不的中がありますが、
しかし少なくとも、競馬予想でも他と同じく「商品は真剣な提供」でなければならんのは明白。
⇒ 世の中の全ての仕事でも同じ、本気では無く「真剣である」事が重要。
商品提供側の判断の中で「できる限りのベストであろう選択肢を選んでいる」
⇒ 競馬予想の場合だと、それが「どの馬を買うか」だけで無く、馬券種の選択なども含まる。
また「それを選ぶ為に、提供側が、あなた以上の考慮を行っている」
競馬予想の場合に限れば、それを「あなたが感じる事が出来てこそ」
初めて、それが「商品」と成りえます。
(まぁこの類の話は、書くまでも無く当然の事で、
 コレが分かっていないのは、まだ就職してない学生ぐらいなんで申し訳無いんですが・・・・
 どうも競馬予想の商品と他ジャンルの商品を、なぜか別に見ている人が多いので。
 競馬予想の情報も他の商品も「全て同じ」、それは「あなたがお金を払う商品の1つ」
 提供側はいかなる出馬状況であれ「最低限、あなた以上の考慮をしなければならん」)

あと、この人気ブログランキングなどの利用者は、
能書きはいらない、ごたくはいらない、という子供の様な事を言う人が多いですが・・・・

どの様な「商品」にも、基本的に「説明」はいります。
例え「あなたがそれを読みたくなくても・結論だけで良いとしても」
例え「ソレがクルマの様な高額商品でなかったとしても」です。

それが「どの様な商品なのか?」
それを消費者は知り、それを知った上で検討する権利がある為。

その証拠に、あなたは。

何の説明も無い、性能も見た目もまるで分からんクルマを買うのですか?


そのクルマを作っている人は「あなたにとって誰だか分からない」
競馬も「友達でも知り合いでもない人が予想している」
しかし「それがどの様な商品なのか」の説明はいるのです。
このブログでリンクを飛ばしている記事内容全般などは、その説明と同じ。
そういう按配。
(何度も書きますが「競馬予想の有料予想・有料情報」は、
 提供側が個人メルマガであれ企業であれ「あなたがお金を払う商品」
 その「情報という商品」が、競馬予想の場合「買い目である事が多い」だけ)
商品には「それがどの様なものなのか?」の説明がいります。
能書きはいらない、ごたくはいらないというのは、ガキの思考。
つまり「競馬予想の情報」という商品にも、
例え、伝達するのが買い目だけだとしても、
かつ提供側は「仮にあなたに説明を求められても」
ハッキリとした「主観では無い根拠説明を求められても」
その説明(分析・解析・その買い目のスタンスなど)が「レース前に出来る状態で予想する必要がある」という事です。
(少なくとも 概要などの説明はあって当然。
 まぁこの類の話も、書くまでも無く当然の事なので「書いてしまった事自体が」申し訳無いんですが・・・・)

その類の能書きでもなくごたくでも無い、
「なぜその目になったのか、なぜその馬なのか?」などの説明はあって当然という、
至極当然の話です、この前提は。

▼つまり、このブログの(現在の)商品内容はコレ
このブログの筆者が選んだ対象レースの「買い目」

▼ポイントは、
このブログの筆者はマジな勝ち組である点と、あなたが普段見ているブログの管理者や情報サイトの人間が知らない、そしてあなたも知らない、その様なマジな技術や着眼点を使用して買い目を決めているという点です。

▼百戦錬磨
百戦錬磨:No.100

----------

■FIRST UPDATE:2012.3.14
Copyright(C) Since 2012-2020 Hi-EPISODE All rights reserved.

関連記事
【2012/03/14 00:30】 | HIGH-EPISODE | page top↑
| ホーム |