FC2ブログ


Dat-36] 2013エリザベス女王杯:100%

■学問とは「一定の理論に基づいて体系化された知識と方法」
人気ブログランキングへ

■学問の追究によって得られた知識・技術、それが「学術」
FC2ブログランキングへ

▼HI-BETと他の「違い」
[Dat-Proof-3] 2013年9月29日

■Copyright(C) Since 2013 HI-BET All rights reserved
[Ex9] 禁止事項




■2013エリザベス女王杯:100%
2013年11月3日(Sun)、10;00更新。

【Data:Episode】
複合検査(x-x-x-x:100%)

【Best:Select】
1:該当馬は買い目を見るだけで判明する
2:あえて判定値や想定人気を書く必要も無い
3:「他の複合検査」の該当馬の人気も想定済
4:上記検査100%は「その高判定の内の1つ」に過ぎん
5:結果「2013年・エリザベス女王杯は★★★★★」

▼ナンバー34:2013年「府中牝馬S:5番人気対象」配信済
[Dat-34] 2013府中牝馬S:68%

▼「高判定7番人気」かつ事実を重視し「540.3倍」的中
[Lucky-54] 2013.10.14 『東京11R:府中牝馬S』

▼ナンバー35:2013年「菊花賞:1番人気対象」配信済
[Dat-35] 2013菊花賞:100%

▼事実を重視し「精度を高め・結果論では無い・10月の倍額勝負」的中
[Lucky-55] 2013.10.20 『京都11R:菊花賞』

▼HI-BETと他の「違い」
[Dat-Proof-3] 2013年9月29日


ナンバー36対象「2013年:エリザベス女王杯」
11月の勝負レースは「ジャパンカップ一択」決定済。
2013年11月2週目に関して『GIよりも良いレースがある』のは確かだが。
一応、当週のGI・エリザベス女王杯も狙う事自体はできる。
今年の女王杯、馬券術(状況再現・優先判定)は使わず、複合検査で分析を行う。

▼他とはレベルが違う分析を用いる事が前提「的中No.55:前提5参照」
[Lucky-55] 2013.10.20 『京都11R:菊花賞』


的中No.55記載、大前提~前提10は「全て前提考察の段階」に過ぎん。

▼かつ、この類の「単一の傾向結果データ」も全て考慮済。
[Weekly-1] LAST UPDATE:2013.3.13 ~2013.6.11

▼最終更新対象レース「2013年:宝塚記念・的中」
[BBT-23] 2013.6.23 『第54回 宝塚記念』

▼資金推奨ランク「目安:前提4参照」
[Lucky-54] 2013.10.14 『東京11R:府中牝馬S』

昨今、この類のデータは錯乱しているが。
この類のデータは「結果として残る傾向事実」であり。
精度の低い単一の項目ではあるが、完全無視も得策では無い。
事実を無視した場合「馬券の不的中確率が増大するだけ」よ。
実例 「Episode:82」
だが少なくとも「このデータを当てはめるだけ」のものを「分析とは呼ばない」
それはただ「過去の結果傾向を当てはめただけ」であり『その先からが分析』
そして、その「先の分析」は。

『成果に繋がる直結項目』を。
より『正確に選び』
その正確性を高めた直結項目を『複数抜粋』し。
更にそれを『複合的に検査』しなければ、精度前進は無い。


その結果を買い目で示してこそ『HIGH-EPISODE:HI-BET』

--------------------
【前提】
--------------------
1:知りえる全ての傾向項目は考慮済
2:それを上回る精度の複合検査を使う
3:勝つ為の基本となる前提考察も考慮済
4:かつ「事実を重視する」

*:複合検査は状況再現や優先判定には少し劣る
5:当然「Episode83:馬券の印 印の意味」も前提に過ぎん
6:当然「Episode87:予想の印 ≠ 馬券の買い目」も承知済 (重要)
*:上記前提2「それを上回る」の「それ」の中には
*:陣営がetc...という「インサイダー話も含まれる」実例 (前提3:参照)

*:連番の記事は例え小学生が見ても理解し易い様に
*:ライティングの基本を押さえて書いてはいる
*:馬券が買える歳ならば、まず理解可能
*:分析をする・馬券を買う・記事を読む、いずれにしても
*:焦る必要は無い 『競馬は1年中、行われる』

この前提は、わし自身の前提「筆者自身の前提」では無い。
今、この記事を見ている「そこのあなた」

あなたが『HI-BETを閲覧する上での前提』と成り得る。

以前にも、何度も書いている
この記事は「一番最初に書くべき内容」だったかもしれん。
「知りえる全てを考慮している」かつ。
「その辺のブログの、ただデータを当てはめるだけ」のものとは違う。
それを上回る「成果に繋がる頻度が高くなる」
「実用的な分析・解析を行っている」という事実。

当ブログの記事を読むならば、上記前提を知った上でなければ。
連番で書いてきた数多の事実の意味が。
その事実により馬券の実力自体が上昇するという意味が、分かりにくい。


■2013.11.10 『京都11R:エリザベス女王杯』
[Dat] ★★ (x-x-x-x:100%)
[Ins] ★★については「記載システム」参照


■上記分析は事実「1週間前に考慮しても2週間前に考慮しても同じ」
人気ブログランキングへ (記載システムはJCも同じ)

■結果として残る事実は「誰も変える事はできない」
FC2ブログランキングへ (JCまであと21日・・・・)

■JRAの職員であろうと、誰であろうと。
[Episode:Ex2] Mail-Magazine
[Episode:Ex1] 進化履歴

■該当馬不出走なら当然『元々狙っていたレースを的中させる』
Copyright(C) Since 2013 HI-BET All rights reserved.
関連記事
【2013/11/03 10:00】 | Episode:データ | page top↑
| ホーム |