FC2ブログ


141] 令和時代になっても解決しない事がある その3
■クイーンS:Acs(2)
 (50位ぐらい)

人気ブログランキング (300位ぐらい)

■無料マガジン
Hi-EPISODE =FREE=


-----
■Episode-143:令和時代になっても解決しない事がある その3
-----
その1
その2
なぜならば、少子化・高齢化・人口減少問題は、

日本においては近年、割と身近なネタの1つでもある「非婚化・晩婚化」

つまり当然、日本人の結婚関連に関する一連の問題と直結しているからだ。

少子化・高齢化と結婚問題が直結していない国もあるが、日本の場合はそうではない。


5_的を得たパンダ(テキトー)非婚化晩婚化


もはや日本は昨今(2020年7月現在、コロナウイルス騒動で隠れているが)、非婚化・晩婚化と言われて久しくない世の中だ。

今まさに、コレを読んでいるあなたも、もしかしたら結婚していないタイプ、もしくは、出来ていないタイプかもしれない。

高度経済成長期などとは違い、現代社会において非婚化・晩婚化と言われ始めた所以は当然、多々ある。

その原因としては、主に下記などが挙げられ、

・結婚に魅力・必要性を感じねぇ (前時代からの意識変化)
・そんなモンに金を使いたくねぇ (所得減少などの経済事情)
・仮に子供をつくっても、育てる余裕などねぇよ (同上)
・別に無理に結婚せずとも良い (女側の雇用増加などの経済変化)
・子供ねぇ・・・・まず自分を何とかしないと (それでもまだ非正規雇用は多い)
・そもそも良いと思える相手がいねぇよ (男側・女側、双方の環境状況)
・つーか、独身の方が楽しくね? (エンターテイメントの増加)
・独身の方が色々と自由じゃね? (前時代からの価値観の多様化)
・法律面でも女側があまりに有利すぎんだろ (今の時代は完全に女尊男卑)
・色々な面から・・・・ぶっちゃけ、する必要マジなくね? (こう感じる人が多い現実)
・etc...

現代の日本においては、それらがそのまま非婚化・晩婚化の原因であると、一般的には考えられている。

別に結婚せずとも子供を持つ手段はあるし、離婚しても育児は出来るが、日本の場合、法的な面の関係もあり「結婚⇒出産⇒離婚せずに育児」の経緯を辿るのが、まぁスタンダードという認識が根強い。

それらの事情からも、社会の構図として「非婚化・晩婚化の進行 ⇒ 出生率の低下 ⇒ 少子化・高齢化の進行」という構図が出来上がる・・・・と言うか既に、平成の時代で出来上がってしまっている。

だからこそ、政治家連中もとい政府にとって、少子高齢化対策や雇用対策などが、件の1つともなっている訳で、良く見聞きする「働き方改革・子育て支援」などの対策も、当然その1つとなるが・・・・


日本に現在

「政治家が知らない現実」がある以上、

やはりその対策は実らない。



令和になって以降も、その可能性が極めて高い。


▼内閣府ホームページ上の「政策」でも、少子化に触れられているが・・・・
内閣府ホームページ



5_的を得たパンダ(テキトー)その可能性が極めて高い


==【8月2日(日:クイーンS)】
 (50位ぐらい)

人気ブログランキング (300位ぐらい)


--------------------
■無料マガジン
Hi-EPISODE =FREE=

■きっと役に立つさ
2018年:RESULT (超大事)
買う馬券種が意味するモノ
価値と需要があるソリューション
このブログの結果を基準にした方が良い
--------------------

■FIRST UPDATE:2020.7.29
Copyright(C) Since 2012-2020 Hi-EPISODE All rights reserved.

関連記事
【2020/07/29 20:30】 | Episode:連番 | page top↑
| ホーム |